どうして、なぜ?誕生日占いが意外と当たる理由

◇誕生日占いの仕組み

誕生日占いは、その名のとおり、生まれた年や月日によって、その人の運勢や性質を占うというものです。その中で最も一般的であるのは、星座占いでしょう。これは西洋占星術をもとにした占いで、その人の生まれた月から、運勢や性質などを占います。

そのほかにも、四柱推命や、月齢占い、数秘術を使った占いなど、誕生日占いといっても、その種類は様々。これらの占い方を土台に、オリジナルの占いをやっている占い師もいますね。

しかし、誕生日を見ただけで、どうしてその人の運勢や、将来や、性質やなんかを占うことができるのでしょうか。

◇本来の誕生日占い

本来の誕生日占いは、その人に誕生日について訊くだけでなく、その他あらゆる分野への質問がなされます。街中にいる占い師に占ってもらうとき、誕生日だけを訊かれるということは絶対にないんですね。

たとえば、どういう環境に育ち、家族はどんな人だったのか、学校ではどのように暮らし、現在両親を含む親類たちとどのような関係にあって、どんなことを不満に思い、どんなことを目標にしているのか。人にもよりますが、このように、占いの場面では様々な質問がなされるわけです。

インターネットなどにある誕生日占いは、いわばその簡易版でありますから、正確性は落ちてしまいます。しかし、気軽に占いの世界を体験できるという意味では役立っているといえるでしょう。

さて、誕生日のほかにも、様々な質問がなされ、それによってその人の運勢だとか、性質だとかが占われるわけですから、もうおわかりのように、占いというのは決して神秘的なものでなく、その人を理解し、推察することものなのです。

そうしたうえで、歴史ある占術の結果では、このようになっている、と伝えるのが占いです。そして、その占術の結果と、その人から訊いたこととの違いや差を見ることによって、何かしらの助言をしようというのが占いなのです。

◇誕生日占いに意味はない?

だとすれば、ネットやテレビに見るような占い、診断はまったく意味のないものなのでしょうか。いいえ、そんなことはありません。インターネット上にある本格的な占いは、その人が、類型的な枠組みのどの位置にいるのかを見ることに主眼が置かれています。

つまり、統計的な傾向を見て、あなたはこういった傾向にある、もしくはその可能性が高いですよ、と伝えるのが、質問なしの占いの意義なのです。それは性格診断にも似たものがあると思います。

まず、先ほど、本来の占いは、占い師が様々な質問をするといいましたね。すると、たとえば四月に生まれた人の中に、こういう人がいたというデータが集積されていくわけです。占星術は古くから伝わる占術であるわけですから、集められたデータの量は膨大になります。

そうすると、何年の何月に生まれた人には、どうやら、こういう性格の人、こういった分野でこういった活躍をする人が多いようだ、というのが明らかになってきます。それは単なるデータの偏りかもしれませんが、しかし、人間が、自分が生まれたときの状況、時代によって、その性質を異にするように、誕生年月日から、ある程度の法則を見つけ出すことは可能であると思います。その場合、もちろん生まれた国も考慮しなければなりませんが。

たとえば、四月に生まれた人は、学生時代、一足はやく年齢が上がるのを羨まれたことが一度くらいはあるでしょう。また自分は他の者よりも早く歳が上がるのだという自覚があり、それがなんらかの行動に反映されるとも考えられます。

また、どの年代に生まれたかというのは、その時代にどんな事件が起こり、彼がどんなものを見て育ったかを知るに役立ちます。

このように、人を誕生年月日で類別し、その傾向を明らかにするのが誕生日占いです。意外と当たるのは、こういう仕組みがあるからなんですね。

キャッシングエニー